あろぱら

QMAのアロエちゃんと出逢って14周年

プリズムストーン縦断の旅レポート その1 準備編

目次

プリズムストーンとは何

プリティーシリーズ(『プリティーリズム』『プリパラ』『キラッとプリ☆チャン』各シリーズの総称)に登場するおしゃれショップ「プリズムストーン」。『プリティーリズム』当初はアパレルショップとして実店舗を展開していました。現在はアパレル展開は終了しており、主にプリティーシリーズのキャラクターグッズを扱っています。

一部東京(原宿店、東京駅前店)限定のグッズがあったりしますが、グッズの品揃えはどの店舗もだいたい共通しています。つまり、普通はわざわざエリア外の店舗に行く必要はありません。最近は通販もできるようになったので尚更。

なぜプリズムストーンへ行くのか

プリズムストーンの各店舗にはゲーム筐体も置かれていて、現役の『キラッとプリ☆チャン』のほか、全国での稼働が終了した『プリティーリズム』や『プリパラ』もプレイできます。(店舗によってプレイできない場合があります。)

このゲーム筐体が一番のポイントで、プリズムストーン店舗でゲームをプレイするとその店舗でプレイした証をプリントして残すことができます。

f:id:NAMU:20191009213108j:plain

『プリパラ』の頃はプリチケにプリズムストーンのロゴと店舗名が小さくプリントされる程度でした*1。まれに背景がプリズムストーンのロゴが変わる仕掛けもありますが、「まれ」なので限定背景を狙おうとすると修羅の道でした。

2018年4月に『プリパラ』が終わり『キラッとプリ☆チャン』に移行した後、最初は店舗限定のコンテンツは特に用意されていませんでした。

その後、稼働3か月後の2018年7月にプリズムストーン店舗限定特典が復活。プリチケへのロゴプリントに加えて、ゲームのログインに使用する「プリチャン会員証」を各店舗限定のデザインでプリントできる機能が追加されました。

「プリチャン会員証」はゲームプレイに必須のアイテム。例えば原宿店限定デザインの会員証を持ち歩けば、聖地原宿への巡礼を果たしたプリチャンアイドルであることをさりげに自慢できます。私も原宿店限定デザインを常用しています。えっへん。

f:id:NAMU:20191009220439j:plain:w640

機能追加が発表された後、早速、最寄りのプリズムストーン心斎橋店(現在閉店)で限定会員証を作りました。当時は特に限定会員証を集める気はなくて、2018年は12月の「プリティーライブ2018」のついでに原宿店、東京駅前店の限定会員証をプリントするくらいでした。

2019年に入り、先日のエントリーで書いた3月の北海道旅で札幌店、4月の四国旅で高松店の限定会員証をプリントします。

5月には心斎橋店から移転した梅田店でプリズムストーン限定会員証をプリントしますが、まだ「梅田店限定デザイン」が実装されていなかったので地域表記のない限定会員証が出来上がります。

f:id:NAMU:20191009222204j:plain:w640

この時点で汎用デザイン含めて限定会員証は6種類になります。ここで店舗限定デザインがあるプリズムストーンを列挙してみましょう。(店舗一覧は2019年6月時点のものです。)

  • 東京3店舗
    • 原宿
    • 東京駅前
    • 立川 【2020年1月27日閉店】
  • 大阪2店舗
    • 心斎橋 【2019年4月1日閉店】
    • 梅田 【2020年3月16日閉店】*2
  • 北海道(札幌) 【2020年7月13日閉店】
  • 宮城(仙台) 【2019年8月19日閉店→2019年11月1日移転オープン】
  • 埼玉(熊谷) 【2019年11月18日閉店】
  • 長野(松本)
  • 静岡
  • 香川(高松)
  • 兵庫(三宮)【2020年4月20日閉店】*3
  • 福岡 【2020年1月11日閉店→2020年1月24日移転オープン】

(2020/01/21補足:2019年12月13日に名古屋店がオープンしていますが、まだ店舗限定会員証は実装されていないようです。)

残りは7店舗。ここまで来たらコンプリートしてみたくありませんか……?

来年2020年はプリティーシリーズ10周年。版権サイドも10周年を非常に意識しているので、2020年4月には『キラッとプリ☆チャン』から新シリーズに移行する可能性が高い。

加えて、悠長にしていると心斎橋店のように閉店するおそれもあります。東京以外のプリズムストーンはアニメガ店舗下で展開しているのですが、この旅の後の7月に、当時アニメガを運営する文教堂事業再生ADRを申請する*4など状況は更に悪化しています。現に今回巡礼した仙台店は2019年8月19日にアニメガごと閉店しました*5。アニメガ自体はソフマップが譲受しましたが、店舗は一部しか引き継いでおらず、引き継がなかった店舗は順次閉店するとみられています*6

そこで6月頃からプリズムストーン制覇のプランを練り始めます。

どうやってプリズムストーンを縦断するのか

最初は1か所ずつ観光しながらゆっくり集めていく予定で考えていました。ただ私の拠点が京都なので東日本に行くハードルは高く、特に立川や熊谷といった場所は夜行バスでの弾丸ツアーで行くには若干厳しいものがありました。あと、この頃はまだ夜行バス経験が無に等しく匙加減がまだ分かってませんでした。

そこで当初の目的に振り返ります。メインは観光ではなくプリズムストーン店舗限定会員証を発行することだから、他のことは極力考えるなと。

京都から仙台行きの夜行バスがあったのでこれを利用。仙台を起点に2日で仙台、熊谷、松本、立川の4店舗を巡礼するプランを構築しました。静岡も入れたかったですがスケジュール的に厳しく、静岡はもう少しゆっくり観光したかったので今回は見送りました。

そんな感じでこれからプリズムストーン縦断の旅を綴っていきます。次回は1日目のレポートです。

*1:写真は『プリパラ』現役の頃に存在していなかったプリズムストーン梅田店でプリントしたものなので店舗名は入ってません。

*2:大阪限定会員証は2019年9月19日~。2020年3月26日になんばに移転オープンし、大阪限定会員証もそちらに引き継ぎ。

*3:2020年5月20日に神戸ハーバーランドに移転オープン。三宮限定会員証もそちらに引き継ぎ。

*4:参考:文教堂グループ2社が事業再生ADRを申請、対象となる金融機関は8行 : 東京商工リサーチ

*5:その後、2019年11月1日に開店したアニメガ×ソフマップ仙台駅前店内にプリズムストーンをオープンすることが発表されています。(参考:https://twitter.com/animegasendai/status/1190082137103327232

*6:参考:ソフマップ、アニメ専門店を譲受 :日本経済新聞